So-net無料ブログ作成
dairo.png

疥癬症(かいせんしょう)イヌセンコウヒゼンダニ

ワンちゃんにとって体が痒いのは拷問に近い苦しみです。
特に自分で掻くことができない場所が痒かったら辛いですよね

イヌセンコウヒゼンダニに寄生されてしまうと
完治するまでに長い時間がかかります。
疥癬症の原因と症状、そして治療方法を説明します。



原因
イヌセンコウヒゼンダニに感染することでおこります。
感染している動物と接触したり、その動物の使っている
犬舎、首輪、ブラシ、食器などからも感染します。



症状
耳のフチや肘や踵に出やすく、フケや強い痒みがともなう
湿疹がでます。

犬は痒みから噛んだり引っ掻いたりを繰り返しますので
皮膚に傷ができて化膿してしまうこともあります。


イヌセンコウヒゼンダニは皮膚にトンネルのような穴を掘って
寄生し、体液をすって生涯を犬の体のなかですごします。


治療
全身の毛を刈ってから薬浴に入れる治療を繰り返します。
卵、幼ダニ、若ダニ、成ダニといますので一度で駆除するのは難しいからです。

痒みや炎症を抑える薬も飲ませます。

イヌセンコウヒゼンダニって


共通テーマ:ペット | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 犬が痒がる毛が抜けるフケが出るのは皮膚病 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。